自信がない人がさらに自信をなくしてしまう悪循環【原因と解決方法】

confidence

「自信がなくて、何をやってもダメなように感じてしまう…」

「これから先に自信を持った自分になれる気がしない…」

自信がない人は、その自信のなさゆえに、ますます自信をなくしてしまうという悪循環に陥りがちです。

こういった状態に陥ってしまうのは、①なぜその悪循環が生まれてしまうのか②その原因を解消するためにどうすればよいのか、この2点がわかっていないからこそです。

今回の記事では、上記の2点を解説することによって、自信がない人がそんな悪循環から抜け出し、自信を持つためにどうすればよいかを私なりの考えでご紹介します。

✔本記事の内容
・自信がない人は、さらに自信をなくしてしまう悪循環になぜ陥ってしまうのか
・自信がない人が悪循環を抜け出し、自信を持つための方法

この記事の筆者は、内向的な性格であるあまりに、過度に考えすぎて、他人と比べて自分のダメなところに劣等感ばかりを感じているような自信がない人間でした。

だからこそ、自信がなくなる悪循環にはまってしまう感覚は、嫌というほど知っています。

しかし、そんな自分を変えなければと思い立ち、行動と思考を必死に変えてきた結果、その悪循環から抜け出すことができました。

こんな筆者の考えをご紹介するので、きっと皆さんの悩みの役に立てるはずです。

ぜひ最後まで読んでいってください。

自信がない人は、さらに自信をなくしてしまう悪循環になぜ陥ってしまうのか

結論から言うと、自信がない人は、物事に対して自分なりにチャレンジすることをしづらいからです。

自信がない人は、何かにチャレンジしようとなったときに、最初に自分が「こうしよう」と思っていたことを貫けない場合が多いです。

それは、自信のなさゆえに、他人や世間の意見に惑わされて当初の自分の考えが揺らいでしまうことから起こります。

こういったふうにブレてしまった結果は、得てして失敗に結びついてしまうもの。

失敗は、「チャレンジしてみたけど、結局いつもみたいにダメだったな…」という想いを生んでしまいます。

チャレンジは、本来であれば、失敗したとしても、「失敗したけど、こんな自分でもやり抜くことができたぞ!」という自信を生んでくれます

しかし、自分を貫けなかった場合には、それすらも得ることができないのです。

こういった原因で、自信がない人は、悪循環に陥ってしまいます。

自信がない人が悪循環を抜け出し、自信を持つための方法

自分なりの行動・思考を貫いてみる

最も端的な方法は、誰の意見にも左右されずに自分なりの行動・思考を貫いてみるということです。

物事を自分なりにやり抜けば、成功した時の自信の生まれ方はとても大きいです。

「自分の力で成果を出すことができたぞ!」という成功体験は、それがたとえ一般的には小さな成果であったとしても、本当にかけがえのない経験になります

さらに、もし失敗したとしても、前段でもお伝えしたとおりに、「失敗したけど、こんな自分でもやり抜くことができたぞ!」という自信を生んでくれます。

最後まで自分自身でやり抜けたという経験があれば、次も同じようにチャレンジすることができるのです。

こんなふうにチャレンジを重ねていければ、今は失敗したとしても、必ずいつか成功体験に結びつきます

自信がある人になる

「そんな身もふたもないこと言われても、全然解決になってない…」

「そもそも自信がないわけだから、どうしようもないじゃないか!」

こんなふうに思われた方も多いのではないでしょうか。

こう思われた方には、『誰でも自信は作れる』ということを知っていただきたいです。

『自信を作る』ためには、5つの行動と2つの思考が大切と私は考えているのですが、まずは、『自信を作る』うえで、あなたが自分に足りないと思うものは何かをぜひ考えてみて欲しいのです。

詳細は、以下の記事に書いています。

自信がないことをどうしようもないと感じている人は、勘違いしています【自信は作れる】
「昔から、あまり褒められるような成果を出したことがないから、自信がなくてもしょうがない…」「他人と比べて、特別に優れているところなんてないし、自信なんてあるわけない」自信がある人は、過去に大きな成果を出して周囲から認められ...

『自信を作る』ために、自分に足りないものを補えるよう一緒に頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました