自信がないせいで落ち込む人がやるべきたった1つのこと【行動と思考のバランス】

confidence

「なんて自分はダメなんだろうと、落ち込んでしまうことが多い…」

「なんとかして落ち込みやすい自分を変えていきたい…!」

自信がない人は、自分に対して否定的であったり、ネガティブな思考を持ちやすい傾向があります。

そんな人は、「自分はダメだな…」といった自己嫌悪や、「周りと比べて自分は…」と、落ち込んでしまうこともあるでしょう。

自信がないせいで落ち込んでしまう人は、日常的に気分に沈んでしまう機会が、自信がある人よりも圧倒的に多くなってしまいます。

人生を豊かに過ごすためには、メンタルを健康に保つことは重要ですし、どうしたら前向きな気持ちを持てるかを知っておくことは、とても大切です。

今回の記事では、①自信がないせいで落ち込む人がやるべきたった1つのこと②落ち込まない自分になる方法を、私なりの考えでご紹介します。

✔本記事の内容
・自信がないせいで落ち込む人がやるべきたった1つのこと
・落ち込まない自分になる方法

この記事の筆者は、自信がないあまりに不要な自己嫌悪に陥って、常に落ち込んだ気分になってしまっている人間でした。

しかし、そんな自分を変えなければと思い立ち、行動と思考を必死に変えてきた結果、自信のなさが原因で落ち込むことがなくなりました。

こんな筆者の考えをご紹介するので、きっと皆さんの悩みの役に立てるはずです。

ぜひ最後まで読んでいってください。

自信がないせいで落ち込む人がやるべきたった1つのこと

まず結論を言うと、自信がないせいで落ち込む人がやるべきたった1つのことは、行動することです。

考え過ぎの悪影響

自信がない人は、自分に対して否定的であったり、ネガティブな思考をしやすい傾向があります。

加えて、落ち込むところまで気分が沈んでしまう方は、特にそういった傾向が強いと言えるのです。

こういう人には、考え過ぎてしまうことが大きなマイナス要因として働いています。

考え過ぎるあまりに、自分の欠点や力不足を細かいところまで精緻に捉えて、自分自身を否定する材料を見つけてしまうのです。

何事も完璧なことなんてありませんから、粗探しすれば何かしらは悪いところが見つかってしまいます。

つまり、自分から進んで自己否定のループに嵌りにいってしまうことになるのです。

行動と思考のバランス

どんな物事に対しても、人間の基本動作は、行動と思考の2つになります。

自信がない人は、そのバランスが思考に偏り過ぎてしまう傾向があり、それが落ち込む原因となるのです。

人間は、行動し、目の前の物事にまさに向き合っている時には、落ち込むことはありません。

行動せず腰を据えている時に、意識が自分の内面に向き、思考は起こるからです。

だからこそ、行動と思考のバランスを良い塩梅に整えることが大切になります。

自信がない人は、なぜ思考に偏りがちなのか

自信がない人は、その自信のなさゆえに、行動に踏み切れないことが多いからです。

行動を起こすことは、多かれ少なかれ、現状に変化を生むことです。

変化があるところには、今までになかった不安が生まれてきます。

不安を受け入れて、乗り越えるためには、「自分なら大丈夫だ」という想いが原動力になります。

自信がない人は、「自分なら大丈夫だ」という想いを持ちづらく、「失敗したらどうしよう…」という不安に尻込みしてしまうことが多くなるのです。

だからこそ、なかなか行動できず、結果的に思考に偏りがちです。

行動することを恐れないで大丈夫な理由

行動することを恐れないで大丈夫な理由は、行動の結果に関わらず、必ずあなたにとって良いことがあるからです。

「いや、行動しても失敗に終わったら、ダメでしょ…」

こう思われた方は、ぜひ考え方を変えてみてもらいたいです。

まず、行動してみて、それが成功した時のことを考えてみましょう。

これはシンプルで、自分なりに行動した結果、成功した時の自信の生まれ方はとても大きいです。

「自分の力で成果を出すことができたぞ!」という成功体験は、それがたとえ一般的には小さな成果であったとしても、本当にかけがえのない経験になります

次に、行動してみて、それが失敗した時のことを考えてみましょう。

もし失敗しても、「失敗したけど、こんな自分でも行動できたぞ!」という自信を生んでくれます。

今まで思考ばかりに逃げてしまっていた人が行動できたというその事実は、とても大きな価値があります

一度行動できた自分は、また次の機会にも不安を乗り越えて行動できる自分になっています。

そして、行動を重ねていければ、今は失敗したとしても、必ずいつか成功体験に結びつき大きな自信を手に入れることができるのです。

結論

以上のような観点から、自信がないせいで落ち込む人がやるべきたった1つのことは、行動することと言えるのです。

落ち込まない自分になる方法

そもそも、自信のなさから落ち込まない自分になりたい人は、どうすればよいのか。

結論から言うと、落ち込まない自分になる方法は、自信がある自分になるということです。

「そんな身もふたもないこと言われても、全然解決になってない…」

「そもそも自信がないわけだから、どうしようもないじゃないか!」

こんなふうに思われた方も多いのではないでしょうか。

こう思われた方には、『誰でも自信は作れる』ということを知っていただきたいです。

『自信を作る』ためには、5つの行動と2つの思考が大切と私は考えているのですが、あなたが自分に足りないと思うところを満たしていければ、必ず自信はつきます。

まずは、『自信を作る』うえで、あなたが自分に足りないと思うものは何かをぜひ考えてみて欲しいのです。

詳細は、以下の記事に書いています。

自信がないことをどうしようもないと感じている人は、勘違いしています【自信は作れる】
「昔から、あまり褒められるような成果を出したことがないから、自信がなくてもしょうがない…」「他人と比べて、特別に優れているところなんてないし、自信なんてあるわけない」自信がある人は、過去に大きな成果を出して周囲から認められ...

落ち込んでばかりでは、せっかくの人生で無用な損をしてしまうことも多いです。

それは本当にもったいないですし、なるべく心豊かに生きていきたいものです。

『自信を作る』ために、昨日よりも一歩前進できるよう頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました