考えすぎて自信がないのは、良いことと捉えましょう【問題点が見えている強み】

confidence

「全く自信が持てないし、堂々としている人と比べて、自分はダメだな…」

「つい考え込んでしまうタイプで、たくさん不安が生まれてきてしまう…」

自信がないと、チャレンジすることをためらってしまったり、自分らしく生きることができなくなったりして、自信がある人と比べて、もったいないことが多いです。

自信がない人は、何かと考えすぎてしまい、不安要素を見過ぎてチャレンジをためらうことになったり、周囲の様子を伺い過ぎて自分らしく生きられなくなったりします

これを見て、「やっぱり自分はダメなんだな…」と思わないでください。

自信のなさの原因である考えすぎてしまうことは、むしろ『自信を作る』ための材料として活かせるのです。

今回の記事では、考えすぎを『自信を作る』ことに繋げるための思考について、私の考えをご紹介します。

✔本記事の内容
・考えすぎて自信がない人は、問題点が見えているという強みを活かせる

この記事の筆者は、内向的な性格であるあまりに、過度に考えすぎて、他人と比べて自分のダメなところに劣等感ばかりを感じているような人間でした。

しかし、そんな自分を変えなければと思い立ち、行動と思考を必死に変えてきた結果、『自信を作る』ことができています。

この記事で何度か出ている『自信を作る』ってなに?という方は、まずは、こちらの記事をぜひ読んでみてください。

「自信のある自分になりたい!」全ての方に向けて、基本をまとめてあります

自信がないことをどうしようもないと感じている人は、勘違いしています【自信は作れる】
「昔から、あまり褒められるような成果を出したことがないから、自信がなくてもしょうがない…」「他人と比べて、特別に優れているところなんてないし、自信なんてあるわけない」自信がある人は、過去に大きな成果を出して周囲から認められ...

さて、ここからは、考えすぎを『自信を作る』ことに繋げるための思考について解説していきます。

みなさんの『自信を作る』手助けになれば、とても嬉しいです。

ぜひ最後まで読んでいってください。

考えすぎて自信がない人は、問題点が見えているという強みを活かせる

考えすぎの強みと行動指針

考えすぎて自信がないということは、物事に対して、不安なところを漠然と見つけていたり、明確に気づいていることを意味しています

つまり、物事に対する問題点が見えているのです。

自信がない人は、こういった問題点に直面すると、そこで立ち止まってしまいがちです。

しかし、あと一歩踏み出すことさえできれば、それは『自信を作る』大きな一歩になることを知ってもらいたいのです。

まず、そもそも問題点が見えていることが素晴らしいということを自覚してください。

そして、問題点が見えていれば、なぜ問題に感じるのか原因を考えてみましょう

その原因がわかれば、今度は、それを解消するための方法を考えることができます。

このようにして、問題を解消する方法を見つけられれば、あとは行動するのみです。

行動の起こし方

「その行動をすること自体が、自信がないから難しいんだよな…」という方には、一つの考え方を知ってもらいたいと思います。

自信はなくても、考え抜いた結論を心のよりどころにして、行動を起こすということです。

行動を起こすためのエネルギーは、「私ならやればできるはずだ!」という自信がメインになることが多いでしょう。

いわゆる自己効力感というものです。

これは、自分がある状況において、必要な行動をうまく遂行できると、自分の可能性を認めているということです。

一方で、自信がない人は、行動を起こすためのエネルギーを考え抜いた結論から得てしまいましょう

「この結論が根拠になるから、やればできるはずだ!」という考え方です。

前段のように、問題点を着実に掘り下げてきているあなたならば、必ずできます

行動が『自信を作る』

チャレンジのための行動を起こせば、結果として自信が生まれます

自分が目指していたような結果が出れば、成功体験を得ることができ、「やった、できたぞ!」という気持ちが湧いてきます。

成功体験の積み重ねは、『自信を作る』うえで、とても大きな要素です。

「今まであんな風にやれた自分だから、今度もきっと大丈夫」という確固たる自信になるのです。

では、自分が目指していたような結果が出なければ、「結局、ダメだった…」となるだけと思ってしまう方もいるかもしれません。。

しかし、これは大きな間違いです。

なぜなら、行動できたことの価値が圧倒的に高いからです。

「普段は考え込んでばかりの自分が、実際に行動できた」ということは、それ自体が自信を生みます

行動することに自信が生まれれば、色々なことに対して、行動する機会を増やすことになります

行動を増やせば、成功体験を得られるチャンスが増えて、そのうちに必ず成功体験を得られます

そうなれば、自信は生まれるのです。

つまり、結果がどうであれ、行動することが『自信を作る』と言えます。 

考え抜いて、行動して、自信のある自分になる

ここまで記事を読んでくださった皆さんは、考え抜いて、行動することが、『自信を作る』ことに繋がるのをおわかりいただけたのではないでしょうか。

考えすぎてしまう方は、行動するために考えるというスタンスを身につけられれば、きっと自信に満ちた良い人生を過ごせると思います。

日々を積み重ねて、少しずつ変わっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました