忙しい大人のための勉強方法【毎日積み重ねていけます!】

Study for Adults

「資格や趣味の勉強を始めたいけど、毎日の仕事が忙しくてできないな…」

「せっかく勉強を始めてみたけど、余裕がなくてなかなか継続できない…」

日々の仕事、家事、育児など、みなさんなにかと忙しくされていると思います。

そういったやらなきゃいけないことに追われていると、勉強はついつい後回しになってしまいますよね。

しかし、後回しにしているうちは、やろうとする気持ちはあったとしても、実際にやれることはほとんどない、と言っても過言ではありません

こう聞くと、「大人になって勉強するためには、強い意志が必要みたいだし、自分には難しいか…」と思う方もいるかもしれません。

ところが、実際はそうではなく、勉強のやり方一つで、忙しくても誰もが勉強に取り組めると私は思います。

今回の記事では、忙しい大人に向けた勉強方法をご紹介します。

✔本記事の内容
・生活のルーティンに勉強を加える
・『短時間集中』を徹底する

私自身、大手金融業に勤めており、週5日×12時間というふうに、労働時間はかなり長いです。

そんな私ですが、勉強をコツコツして仕事のための資格を取ったり、こうしてブログを書くことで文章力をあげられるようにしたりと、勉強を日々重ねられています。

大人こそ勉強する意義は深いので、忙しさに負けてやれないのは本当にもったいない

「そもそも無理に勉強する必要ある?」と思う方は、まず、こちらの記事で大人の勉強の意義を感じてみてください。

以下で、私が実際に行っている勉強方法を解説していくので、アイデアの一つとして参考にしてもらえると嬉しいです。

ぜひ最後まで読んでいってください。

生活のルーティンに勉強を加える

まず、毎日のルーティンとして、必ず勉強する仕組みを作ると良いです。

私の場合であれば、
・仕事から帰宅
➡シャワー
➡勉強(最近は、ブログの執筆)
➡夕食
➡就寝

この一連の流れをルーティンとしています。

朝やお昼の時間に、「今日は、これをやろう!」とあらかじめ決めておき、それを終えるまでは夕食のステップには進めないという自分なりのルールです

こうすることにより、「なんとなく、気分が乗らなくて勉強できなかった…」「後回しにしてしまって、結局やれなかった…」なんてことを防げます。

私たちは、どうしても意志が弱くなりがちですし、モチベーションのコントロールも簡単ではありません。

無理に自分を追い込む必要はないですが、ほんの少しの強制力くらいはあったほうが、なにかと取り組みやすかったりします。

いきなり毎日のルーティンを確立することは難しいと思うので、あなたにとって勉強しやすいタイミングを見つけて、少しずつルーティンにしていくのがおすすめです

『短時間集中』を徹底する

当たり前のことですが、日々のなかで私たちが勉強に使える時間は少ないです。

仕事・家事・育児、さらには、友人関係やら趣味やらで時間を使っているので、残る時間はわずかとなります。

そんななかで勉強を上手くやっていくためには、いつも短時間集中、1日30分や1時間をどれだけ質の高いものにできるかが大切です。

『短時間集中』で勉強するためのポイントとして、私が心がけている2つをご紹介します。

①集中できる時間は40分間
②手が届く場所に勉強道具以外を置かない

それぞれ掘り下げて見ていきましょう。

集中できる時間は40分間

人間が集中し続けられる時間は、最大でも40分と言われています(諸説あり)。

「じゃあ、1.2時間くらいの勉強はやっても効率が悪いの?」と思われた方もいるかもしれません。

確かに、ぶっ続けでそれくらいの時間を行うと、効率は下がってしまいます。

しかし、勉強の合間に短い休憩をはさむことで、1.2時間と伸びても集中して勉強することができます

40分以上勉強するのであれば、小休憩(15分程度)が必要だと意識しておいてください。

勉強(40分)➡休憩(15分)➡勉強(40分)のようなイメージです。

「休憩」=「サボり」のような感覚を持ってしまっている方もいますが、結果的に、休憩しないとだらだらと効率の悪い勉強をしがちなので、要注意です。

手が届く場所に勉強道具以外を置かない

人間の集中力は、高い時と低い時で波があるのですが、手の届くところにスマホなどがあると、集中力の低い波が来ている時に、そちらに意識をもっていかれてしまいます

ちょっとSNSを見るだけだとしても、結果、一時的に勉強を中断してしまうことになって、集中はぶちっと切れてしまうのです。

これを避けるための方法として、手元に勉強道具以外を置かないこと、もっと大げさにやってみるなら、勉強道具以外を勉強場所以外のどこかに置いておくことをおすすめします。

少しずつ積み重ねて、将来を豊かなものにしていきましょう

以上、忙しい大人のための勉強方法でした。

日常に新しく勉強を取り入れることは、最初は特に大変に感じると思います。

しかし、続けているうちにだんだんと大変さも和らいで、気づけば自然とやれるようになっています。

ここまで記事を読んでくださった皆さんは、勉強することで、少しでも将来を豊かにしていこうという前向きな気持ちの方だと思います。

もちろん、私もその一人です。

そんな方のために、本記事でご紹介したことが役に立てば、こんなに嬉しいことはありません。

将来を豊かにするための勉強を一緒に頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました