勉強に集中するための方法3選【少しの変化で集中力大幅UP!】

Study for Adults

「勉強をしっかりやらなきゃいけないのに、いろんなことに気をとられて集中できない…。なんでこんなに集中力がないんだろう…。」

「短時間で効率的に勉強したいから、なんとかして集中して勉強に臨みたい!でも、いつも気づくとダラダラ勉強しちゃってるんだよな…。」

正直なところ、勉強よりもやりたいことはたくさんありますし、勉強中についつい誘惑に負けて、ダラダラと勉強してしまうことは、皆さん誰しも1度は経験したことがあるでしょう。

しかし、いつもそうなってしまっては、時間ばかりを無駄にしてしまって、身についていないなんてことにもなりかねません。

今回の記事では、普段の勉強のやり方をほんの少し変えるだけで、劇的に集中力が上がる私なりの勉強方法をお教えします。

✔本記事の内容
・勉強に集中するための方法3選を1つずつ詳しく紹介

私は、この記事の勉強方法を行うようになってから、意識的に集中して勉強に取り組めるようになりました。

その結果、学生時代には早稲田大学に進学することができましたし、社会人になってからは休日の短時間での勉強でスキルアップのための資格を取得できました。

この記事を読んだ直後から簡単に実践できる方法となっているので、ぜひ最後まで読んでいってください。

勉強に集中するための方法3選

結論から言うと、以下の3つが勉強への集中を劇的に変える方法です。

・小さなゴール(ご褒美)を設定する
・手元に勉強道具以外を置かない
・「やる気が出てから勉強する」ではなく、「とりあえず勉強を始める」

早速、1つずつ掘り下げて見ていきましょう。

小さなゴール(ご褒美)を設定する

勉強は、基本的に継続してやってはじめて結果が出るものです。

つまり、今日頑張っても、また明日も頑張らなきゃいけないし、明後日も頑張らねばなりません。

そうなってくると、「また明日もあるし」という気持ちから、今やっている目の前の勉強の集中が落ちてしまいます

だからこそ、今日1日の勉強を目一杯集中してできるようにするためには、「今日のゴール」が必要だと思います。

「今日のゴール」とは、なにを設定すればよいのかと思うかもしれませんが、あなたがそのために頑張れるものであれば何でもOKです。

私がよく設定している「今日のゴール」は、「勉強を頑張ったら、ポテチを食べちゃおう」とか「寝るまで心置きなくYouTubeを楽しもう」とか、そんなささいなことです。

「なんだそんなことか」と思われるかもしれませんが、「今日も勉強頑張ったな!」と思いながらだと、ささいなことでも特別な良いものに感じます。

逆に、「なんか今日集中してやれてなかったな…」と思いながらだと、微妙に感じて、「明日は今日よりもしっかりやろう」という気分にもなれます。

このようにして、毎日の勉強の集中をあげることができるので、おすすめです。

手元に勉強道具以外を置かない

勉強している途中に、ついスマホを手に取ったら、気づけば30分も時間が過ぎていた、なんてことはよくあることです。

人間の特徴として、1度に集中できる最大時間は40分程度だそうです。

集中力が高い時と低い時で波があるのですが、手の届くところに「楽しいこと」があると、集中力の低い波が来ている時に、そちらに意識をもっていかれてしまいます

結果的に、一時的に勉強を中断してしまうことになって、集中はぶちっと切れてしまうのです。

これを避けるための方法として、手元に勉強道具以外を置かないこと、もっと大げさにやってみるなら、勉強道具以外を勉強場所以外のどこかに置いておくことも効果的です。

もし、これでも勉強の途中に息抜きをしてしまうようであれば、そもそも勉強に向き合えていない状態だと思うので、いっそのこと勉強をいったん忘れてしまいましょう。

充分に息抜きしてから、また勉強に戻ってくるほうが、ずっと効率的です。

「やる気が出てから勉強する」ではなく、「とりあえず勉強を始める」

勉強を集中してやるためには、やる気がどうしても必要になってきますよね。

皆さんこれをお分かりなので、勉強のやる気が出てから勉強しようとする方が多いです。

しかし、そういう時に限って、いつまで経ってもやる気がでないなんてことは、よくあることでしょう。

ぜひ知っておいてほしいのは、「勉強しているうちに、やる気が出てくる」というのが人間のメカニズムということです。

人間には、「作業興奮」という性質があり、やればやるほど目の前のことにやる気が出て、集中していくのです。

これを知っておくと、とりあえず勉強を始めたつもりでも、気づいた時には集中して勉強できているということがわかります。

勉強は大変なので逃げたくなりますが、とにかくやってみることが大切なのです。

日々の勉強を集中してやれるかで、将来が大きく変わります!

以上、勉強に集中するための方法3選でした。

今すぐにでも実践できることばかりだったと思うので、ぜひやってみてください。

勉強は長い期間をかけてやるものですが、結局のところ、毎日の勉強の積み重ねです。

1日の勉強を集中した良いものにできていれば、その積み重ねによって、最後の結果も必ず良いものになるでしょう。

時には息抜きも行いながら、メリハリをつけて頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました