勉強が苦手な小学生が得意になるためのたった1つのサポート方法【お子さんの将来を支える第1歩!!】

Education

「うちの子はまだ小学生だけれど、テストの点数なんかを見ると、周りの子どもたちと比べて勉強の出来が遅れているのかもしれないな…。このままだと、中学生、高校生とますます周りとの差がついて、将来に苦労するかも…。」

お子さんが周りと比べて遅れているかもしれないと感じると、ご両親としては不安になりますよね。

今回の記事では、この悩みに答えていきます。

✔本記事の内容
・勉強が苦手な小学生は、そもそもなぜ苦手になってしまうのか
・勉強を得意になるためには、どうサポートしてあげればよいのか

早稲田大学在学中、個別指導塾でいろいろなタイプの小学生の子たちに勉強を教えていた私ですが、得意と苦手を分ける大きな要素は、ただ1つに決まっていると感じています。

本記事では、皆さんにその要素を知っていただくとともに、併せて得意にさせるための方法を解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、勉強が苦手になる理由をわかり、もしあなたのお子さんがそれに当てはまるようであれば、得意にしてあげるためのサポートができるようになっているでしょう

勉強が苦手な小学生は、そもそもなぜ苦手になってしまうのか

勉強が苦手な原因はたった1つ、学校での授業や宿題に集中できていないからです。

いったいどういうことか、これを深堀していきましょう。

もちろん、小学校に入る以前に身に付けた知識(親が教えた言葉、本の読み聞かせなど)は人それぞれ異なるので、それによっても多少の差がついてきますが、本格的な「勉強」をするのは小学生からなので、この時点で特別に大きな差がつくはずはありません。

また、小学校の高学年にもなると多少の知識の積み上げの差はあるかもしれませんが、それでも中学生や高校生と比べると小さな差です。

小学生にとっての勉強は、「今この場での授業内容と、放課後の宿題」のウエイトが非常に高い

だからこそ、授業や宿題に集中できるかどうかが得意と苦手を大きく分けてしまいます

基本的に小学生は集中力が散漫なものです。

席の周りの友達が気になるし、おしゃべりしたいし、ノートにお絵描き、文房具を使って遊ぶ方法も思いつきます。宿題だって早く終わらせて、友達と遊びたいし、スポーツしたい、ゲームもしたい。

でも、そればかりになってしまうと、将来にも尾を引く結果となってしまいます。

勉強を得意になるためには、どうサポートしてあげればよいのか

勉強が苦手な小学生のお子さんをサポートする方法は、マンツーマンで勉強を見てあげること、これだけです。

既にお分かりの通り、勉強が苦手な小学生は集中力が散漫です。

学校の授業のように多対一の状況では、そもそも集中力が乏しい子は勉強に向き合うことができません

だからこそ、学校の授業以外でマンツーマンで勉強を見てあげる時間を作りましょう

授業では集中できない子でも、自分だけに意識を向けられて教えられたら、自然と目の前にある勉強に集中していくことができます。

まずは、お子さんの宿題にじっくりと付き合ってあげることがおすすめです。

こういった積み重ねから勉強を得意になっていくと、得意なものは好きなものに変わってきます。好きなものになったなら、普段の学校の授業でも自然と興味が湧いて、気づけば集中して授業を受けられるようになっているはずです。

もしかしたら、この記事を読まれている方のなかには、普段は仕事が忙しくて、なかなかお子さんの勉強を見てあげられないという方もいるかもしれません。

そういった方は、公文や塾の力を借りてお子さんをサポートしてあげるのも一つの方法かもしれません。

私も個別指導塾で小学生を指導していたのでわかりますが、勉強が苦手・嫌いな子でも、1対1で学校での様子を教えてもらうことで打ち解けてから、手取り足取りで一緒に勉強を進めていくと、しっかりと目の前の勉強に集中しながら、勉強を得意になっていける子がほとんどでした。

小学生の勉強は、周りの大人のサポートが全てと言っても過言ではない

以上、勉強が苦手な小学生の原因と、その改善方法でした。

本記事を読んでくださった方には、もう十分すぎるくらい伝わっていると思いますが、やはり小学生が勉強を得意になっていくためには、ご両親しかり、周りの大人のサポートが不可欠です。

自ら課題をもって自学自習できるようになるのは、もう少し年を重ねてからということは、小さい頃の自分を思い出してみると納得できるのではないでしょうか。

小学生の頃から勉強の苦手を引き摺ってしまうと、中学生、高校生と進んだときには、勉強嫌いやコンプレックスに感じてしまう機会も出てくるでしょう。

そうならないためにも、早いうちから、ぜひ継続的にお子さんをサポートしてあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました